ホーム » こんなときは? » 75歳になったとき

75歳になったとき

75歳以上の高齢者は長寿医療制度に加入します

75歳以上の高齢者はすべて、健康保険の被保険者、被扶養者の資格を失い、後期高齢者医療制度に加入します。後期高齢者医療制度では一人ひとりが被保険者となるため、健康保険の被扶養者だった人も被保険者となります。
くわしくは、お住まいの市区町村の窓口または各都道府県の広域連合にお問い合わせください。

 

 

75歳になった被保険者の家族

75歳になった被保険者が後期高齢者医療制度に加入した場合、その被扶養者も健康保険の資格を失うことになります。 資格喪失した家族は、国民健康保険など他の医療保険制度に加入しなければなりませんので、ご注意ください。

 

 

手続き

75歳になると自動的に後期高齢者医療制度の被保険者となりますので、加入手続きをする必要はありません。
被保険者になるのは75歳になったとき(75歳の誕生日)から、また65歳以上75歳未満の人が一定の障害があると認定されたときは認定された日からです。
なお、健康保険の被保険者、被扶養者の資格喪失の手続きは必要です。被保険者ならば資格喪失届、被扶養者ならば健康保険被扶養者(異動)届を被保険者証・高齢受給者証とともに健保に提出します。