ホーム » こんなときは? » 長期に仕事を休んだとき

長期に仕事を休んだとき

業務外の病気やケガの治療のため仕事に就くことができず、給料等をもらえなくなったり減給されたりした場合、被保険者の生活を支えるために、傷病手当金が支給されます。

給付に関する手続き

提出書類
  • 傷病手当金請求書PDFアイコン
  • 療養生活状況申立書PDFアイコン
    (請求期間において、全期間入院していた場合には不要)
  • 請求期間における出勤簿・賃金台帳の写し(第1回目の請求には休みはじめたときからの出勤簿・賃金台帳の写し)
  • 退職後の請求の場合には、雇用保険受給延長通知の原本
  • 各種年金を受給している場合は年金改定通知等の写し
申請ルート 被保険者 → 事業所健康保険担当者 → 健保
支給条件 ・病気・ケガのため療養中であること(自宅療養でもよい。)・病気・ケガのため仕事に就けないこと・続けて3日以上会社を休んだとき(連続した3日の待機期間の後、4日目から支給。)・給料等をもらえないとき(給料をもらっていても傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額が支給されます。)・退職者の場合、在籍中に受給事由が発生し、退職日に傷病手当金の受給権のある方(※)に限って、退職後も引き続き傷病手当金の受給ができる。(在籍期間が1年以上あることが必要)※退職日に出勤すると、受給権を満たさないことになり退職日以降の傷病手当金が支給されませんのでご注意ください。
給付金 ・被保険者期間1年以上の方

→ 被保険者が給付を受ける月以前12ヶ月間の各月の標準報酬月額平均額の1/30の3分の2相当額

・被保険者期間が1年未満の方

→ (1)被保険者期間における標準報酬月額の平均

(2)支給開始日の属する年度の前年度の9月30日に

おける全被保険者の平均標準報酬日額

(1)か(2)のいずれか少ない額の3分の2相当額

支給期間 支給期間は同一の疾病又は負傷及びこれによって発した疾病に対して支給されることとなった日から最長1年6ヶ月間。
注意事項 任意継続被保険者となってから発生した傷病については傷病手当金は支給されません。