ホーム » こんなときは? » 医療費を立て替えたとき

医療費を立て替えたとき

保険証を提示すれば、健康保険で治療できることが原則ですが、次のような場合は、本人が一時立て替えて支払い、あとで健保に請求し給付を受けることになります。

給付に関する手続き

提出期限 すみやかに
提出書類 療養費支給申請書PDFアイコン
(月および医療機関・調剤薬局ごとに1枚ずつ必要)

・診療報酬明細書の原本(レセプト)

・調剤薬局の場合は、調剤報酬明細書の原本

・領収書の原本申請ルート被保険者 → 事業所健康保険担当者 → 健保支給条件やむを得ない場合で保険証を使わずに治療などを受けた場合
※やむを得ない場合とは、就職したばかりや扶養認定等で保険証が交付される前に自費による診療を受けた場合、またはやむを得ず保険扱いをしていない診療所にかかった場合などです。海外で急に病気になったときも同様ですが、治療目的で海外に行った場合は除きます。注意事項療養費は、支払った全額が払い戻されるとは限りません。健康保険法に基づいた診察基準の範囲内で査定された金額が給付されます。

柔道整復師(整骨院・接骨院)・はり・きゅう、マッサージ代

申請ルート 柔道整復師 → 健保
(窓口で全額自己負担した場合は上記「給付に関する手続き」を参考にしてください。)
支給条件 ・健保がやむを得ないと認めた場合

・健康保険でかかることのできる柔道整復師の施術は、あくまで「急性または亜急性(急性に準ずるもの)の外傷性の骨折、脱臼、打撲、捻挫および挫傷」の施術に限定され、内科的原因による疾患は含まれません。単なる疲れや肩こりでマッサージを受けても、健康保険は使えません。3ヶ月を超す施術は急性または亜急性となりませんので給付されません。

・はり・きゅう・マッサージは保険医の同意を得て施術を受けた場合、施術回数、料金、期間など決められた範囲内で給付されます。

注意事項 多くの柔道整復師は都道府県知事と協定を結んでおり、一般の医療機関同様、初診時に保険証を提示し、窓口に一部負担金を支払うだけで診療を受けられます。ただし、残りの医療費は健康保険組合に請求するため、その委任状となる「療養費支給申請書」に患者が署名・捺印します。申請書に記載された傷病名や施術内容等が正しいかどうか、必ず確認してから署名してください。