ホーム » こんなときは? » 退職したとき

退職したとき

退職すると在職中に加入していた農団健保から脱退することになり、新たな制度に加入することになります。

退職後の進路によって加入先が異なります。

 

<退職後の健康保険加入先紹介>

 

  • 再就職する時  → 再就職先の健康保険に加入する
  • 再就職しない時 → 以下の3つの健康保険のいずれかに加入する

① 農団健保の任意継続被保険者になる → 最長2年間、その後は②か③に切替える

② 市町の国民健康保険に加入する

③ 家族の健康保険の被扶養者となる

 

任意継続被保険者制度

 

在職中に加入していた健康保険に引き続き加入できる制度です。

任意継続被保険者になると、保健事業の一部や保険給付を継続して受けることができます。

 

  • 加入できる人  → 退職日までに2カ月以上継続して被保険者だった人
  • 加入できる期間 → 最長で2年間
手続きの流れ ① 退職日の翌日から20日以内に、健保組合へ

② 申請書を受付後、初回分の納付書を被保険者のご自宅へ送付しま

す。

③ 申請者は、納付書に基づき納付期日までに保険料をお振込みくださ

い。(保険料の引落しはできません)

④ 健保組合で保険料の入金確認後、保険証等をご自宅へ送付します。

 

※詳細は任意継続 手続きの流れ  ~資格取得から喪失まで~ 参照

提出書類 ・ 任意継続被保険者資格取得申請書PDFアイコン

記入方法は(資格取得申請書 記入例) を参照ください。

 

 

引き続き被扶養者の申請をする方は次の書類も必要となります。

 

・ 被扶養者(異動)届(職場で用紙をもらってください)

記入方法は異動届(記入例) を参照ください。

 

・ 生計維持調査票(任継・再雇用用)PDFアイコン

記入方法は(生計維持調査票 記入例) を参照ください。

 

・ その他添付書類

(「被扶養者申請における添付書類一覧表 」参照)

 

保険料 保険料の金額は退職時の標準報酬月額(上限あり)に、保険料率をかけた金額になります。

※任意継続被保険者になると、事業主(会社)負担分の保険料もご自身で負担

することになります。

 

保険料の目安は任意継続者標準報酬・保険料月額表(令和4年4月~令和5年3月)参照

保険料 納付方法 ① 年度払い  加入月~3月分までを一括で納付する方法。

② 半年払い  前期分(4月~9月)と後期分(10月~3月分)の

2回に分けて保険料を納付する方法。

③  月払い    毎月、ひと月分ずつ保険料を納付する方法。

 

※①年度払い、②半年払いは保険料の割引があります。

※納付期日は、納付書をご確認ください。(納付期日までに入金されなかった

場合、資格の取得ができません。)

※どの納付方法でも、保険料を納めた期間は、「家族の扶養に入りたい」など

の理由で保険を変えることができませんのでご注意ください。

保険給付 一般(在職時)と同じ

※傷病手当金、出産手当金は1年以上被保険者資格を有していた人が在職中から

引き続き受給要件を満たしている場合のみ支給されます。

資格がなくなるとき 1. 任意継続の加入期間が2年を経過したとき(2年を経過した日の

翌日に資格喪失)

2. 死亡したとき(死亡した日の翌日に資格喪失)

3. 保険料の納付期限(毎月10日)までに、健保組合で入金の確認

ができないとき(納付期限の翌日に資格喪失)

4. 就職し、他の健康保険に加入したとき(他の健康保険に加入した

日に資格喪失)

5. 任意継続被保険者でなくなることを希望する旨を申し出たとき

   (申出が受理された日の属する月の1日に資格喪失)

6. 後期高齢者医療の被保険者資格を取得したとき(被保険者資格

   を取得した日に資格喪失)

 

 

4.5.6に該当した際は「健康保険任意継続被保険者資格喪失申出書PDFアイコン」の提出が必要となります((記入例4)PDFアイコン(記入例5)PDFアイコン(記入例6)PDFアイコン

 

注意事項 再就職が決まったなど、資格がなくなるときや被扶養者に異動が生じたとき、住所・氏名等に変更があったときには必ず当健保組合へご連絡ください。