ホーム » こんなときは? » 退職したとき

退職したとき

退職後の健康保険にはいくつかの選択肢があります。
それぞれを比べると保険料や給付内容など違う点があります。どれに加入するかはご自身の判断になります。よく検討して一番適切な制度へ手続きをしましょう。

 

<退職後の健康保険加入先紹介>

  1. 任意継続保険
  2. 国民健康保険の退職者医療制度
  3. 他健保の扶養者になる
  4. 国民健康保険

任意継続制度の概要

手続き期限 資格喪失後20日以内
提出書類
加入資格 退職日までに継続して2ヶ月以上被保険者資格があった人
加入期間 退職日の翌日から2年間
資格がなくなるとき
  1. 任意継続の加入期間が2年を経過したとき(2年を経過した日の翌日に資格喪失)
  2. 死亡したとき(死亡した日の翌日に資格喪失)
  3. 保険料の納付期限(毎月10日)までに、健康保険組合で入金の確認ができないとき(納付期限の翌日に資格喪失)
  4. 就職し、他の健康保険に加入したとき(他の健康保険に加入した日に資格喪失)
保険給付 一般(在職時)と同じ
保険料・保険料納付期限 全額本人負担。
保険料の金額は退職時の標準報酬月額に、保険料率をかけた金額になります
※在職していないため、賞与からの保険料負担はありません。
※当月分の保険料は当月の1日〜10日までに納付してください。納付されませんと健康保険の資格がなくなります。
注意事項 再就職が決まった、ご家族の扶養に入る、また被扶養者に異動が生じたときや住所・氏名等に変更があったときには必ずご連絡ください。